大阪・堺カウンセリングルームのどかは、あなたの味方になり、悩み・不安解消の糸口を一緒に見つけるサポートをします

 

はじめまして。

大阪府堺市カウンセリングルームのどか、

心理カウンセラーの武田秀隆です。 

当カウンセリングルームは主に

▢家族のお悩み  ▢職場のお悩み

▢人生のお悩み  ▢HSPなどの気質や性格のお悩み

などで、ネガティブな感情が続き生きづらさや

将来の不安を抱えている方が安心して相談できるところです。

強迫性障害(確認や手洗いがやめられない)の相談にも

 対応しています。

 

このような悩みはありませんか? 一人で悩まずご相談くださいね

▢家庭で困っていることがある。
▢職場で困っていることがある。

 

▢人間関係がうまくいかない。(家族・親子、職場)
▢人の顔色が気になる。否定されるのが怖い。

▢アダルトチルドレンの不安や悩みがある。

 

▢生きているのが苦しい。消えてしまいたい。
▢生きていても仕方ない。希望がない。
▢生きる方向性がわからない。

▢HSPで悩んでいる。心が敏感で生きづらい。

▢強迫性障害(確認の繰り返しなど)を治したい。

 

▢自信がない。
憂鬱、不安な気分が続く。 

気がかりなことがあって頭から離れない。
▢失敗が怖い。
▢完璧主義で心身が疲れてしまう。
孤独で寂しい。
イライラする。
劣等感や無力感がある。

 上記以外のお悩みでも、ご相談くださいね。



心理カウンセリングの効果

1.今まで言えなかったことを吐き出すことで心が軽くなる。

 

 何を話しても否定されない安心の空間で、溜まったストレスを吐き出すことで、心が浄化されて軽くなります。

 これをカタルシス(浄化)効果といいます。

 

2.孤独感が軽減されて心が癒される。

 

 悩みの正体は、実は「孤独感」であることが多いのです。

 

「私のことをわかってくれる人はいない」「私には味方がひとりもいない」

 そういう孤独感が大きいと、どんどん悲観的になってしまいがちですね。

 

 ですが、話を聴いてもらい、わかってもらうと、孤独感が軽減されて心が癒されます。

 

 誰しも自分のことをわかってもらいたいと思っています。

 つらかったことや今まで耐えてきたこと、また、腹が立ったことなどを

 誰かにわかってもらいたいと思うのは、人としてとても自然なことですね。

 この気持ちを承認欲求といいます。

 

 カウンセラーに傾聴されることで、「わかってもらえた」と承認欲求が満たされるのです。

 また、相談できる場ができることで安心感も得られます。その結果、孤独感が軽減されるのです。

 

「私のつらさをわかってくれる人がいる」
 そう感じるだけで、再び前を向く力がわいてくるのです。

 
3.自己肯定感が高まり心が軽くなる。

 

 人は逆境が続いて思い通りに生きられない時、

「こんな自分には存在価値がない」「こんな人生には意味がない」

 と無力感や劣等感や虚無感に襲われて苦しくなります。

 自己否定が強くなって「生きる気力」がどんどん弱くなってしまいがちですね。


 ですが、「ありのままの自分」をカウンセラーに受け入れられる体験を重ねることで、
 クライアント様も自分のことを肯定的に受け入れられるようになります。
 自己肯定感が高まって、心が軽くなり、生きる自信が回復していくのです。

 

4.柔軟な考え方や前向きな気づきを得られる

 

 一人で悩み続けていると、視野や考え方が狭くなってしまって、
 悩みの迷路から抜け出せなくなりがちですね。

 現状以上に悲観的に感じたり、希望が見えなくなりがちです。


 ですが、カウンセラーが気持ちを汲み取る聴き方をしたり、効果的な質問をしたりすることで、

 新しい見方や、柔軟な考え方が芽生えたり、
 これから自分がどうしたらよいか前向きに考えられたりするようになるのです。

 

どうかお一人で悩まずに、ご相談してくださいね

一人で悩み続けていますと、悩んでいる事だけでなく、

「私の味方は一人もいない」

「誰も私のつらさを分かってくれない」

という孤独感や寂しさも大きくなって、

どんどん悲観的になることもあるかと思います。

 

私もかつて「明日が来るのが怖くて嫌でたまらない」ほどの

悩みを一人で抱え込んだ時期がありました。

 

私自身が本当に苦しかったからこそ、あなたの支えになりたいと思っています。

どうか、お一人で悩み続けないで、お話を聴かせていただければうれしいです。

一人ですべてを解決しようとする苦しい日々からカウンセラーと二人三脚で歩いていく生き方へ