プロフィール

 

カウンセリングルームのどか代表 武田秀隆

 

1970年 大阪府守口市で生まれる。

 

1993年 堺市で教師生活スタート
      教え子との充実した日々


2013年 教頭になる。

      過労とストレスで心身ともに崩してしまう。

 

2015年 退職し、22年間の教師人生にピリオドを打つ。

 

2015年 堺市カウンセリングルームのどか 開業

               頑張っているのに「生きづらさ」を抱えた方の自己肯定感を支え、
     「生きやすさ」をサポートするために日々クライアント様と向き合っています。


2016年 出版「クヨクヨからの立ち直り術」(ギャラクシーブックス)


「生きづらさ」に寄り添う優しいカウンセラーになりたい

 

はじめまして。心理カウンセラーの武田秀隆です。

22年間の教師生活の後、心理カウンセラーとして活動しています。

               (右の写真は教頭時代の卒業アルバムです)

 

私は小学生の時から失敗することや叱責されることが極度に怖く、

忘れものがないか等、繰り返し確認することを止められない

強迫性障害にも苦しんでいました。

 

 

少しでも失敗すると

親や先生から拒絶され見捨てられる」と恐れていたのです。

 

 

 教師になってからも、失敗することや批判されることが怖く、

完璧主義傾向が強くなっていきました。

 

「ミスをしてはいけない」

「どんな難題も早く解決し結果を出さなければいけない」

「保護者から嫌われてはいけない」

「低評価されてはいけない」

「他の教師に負けてはいけない」

 

と、どんどん自分を追い詰めていました。

スーパー教師でなければならないと常に自分にプレッシャーをかけていたのです。

子どものころから続く強迫性障害に加え、パニック障害にも苦しみました。

 

 

教え子とは楽しく充実した時間を過ごせましたが、
いつも自分にプレッシャーをかけ続けていたので、精神的には常に限界を感じていました。

 

 

頑張っても頑張っても、幸せを感じることができなかったのです。

 

 

42歳の時、教頭職につきましたが、子どもたちと授業ができない寂しさに加え、
慣れない地域対応や山のような書類作成にどんどんストレスがたまっていきました。

 

 

過労とストレスで心身ともに崩してしまい、いつも顔色が悪く、駅で吐きそうになる日々でした。

血圧も上昇して歩くとフラフラする日が続きました。本当につらい日々でした。

このままでは命を失ってしまうと私は限界を感じ、

22年間の教師生活にピリオドを打たざるを得ませんでした。

 

 

こんなに頑張って生きているのに・・・・。

こんなに我慢して努力して悪いことも全然してないのに・・・・。

どうして報われないんだろう・・・・。

 

 

私は教職を去る時、やるせなさでいっぱいでした。

人生が壊れてしまったような悲しさと無力感で本当につらかったです。

 

 

退職後、私は「心が苦しくて生きるのがつらい」という方が、

安心して相談できる場所をつくりたいという思いが強くなっていきました。

そして様々な心理療法を学び、心理カウンセラーとしての活動を始めました。

(矢野惣一監修 問題解決セラピスト養成講座修了)

 

 

私自身が精神的に苦しさを体験してきましたので、

クライアント様がどんなお悩みをお持ちであっても、

そのつらさを否定せずに優しく寄り添い、味方になりたいと考えています。

 

よろしければいつでもお話を聴かせていただけますとうれしいです。

あなたと二人三脚で、生きづらさ解消の糸口を見つけていきたいと思います。

 

長文読んでいただき、本当にありがとうございました。