失恋・離婚・失職の悲しみから回復するために

 

人生の中で、失職したり、失恋したり、離婚したりすると
喪失感や悲しさで心が押しつぶされそうになりますよね。
 
失職や失恋や離婚のような
大きな悲しみから心が回復していくには
ある程度、時間が必要だと思います。
 
大切だった仕事や
大切だった人を失ってしまったのです。
 

 

 

悲しさと不安もそれだけ大きく、急に忘れられないのも無理もないことです。
心が不安定になるのも無理もないことです。
 
立ち直るためには、ゆっくり時間をかけていいのです。少しずつ、少しずつでいいのですよ。
 
実はカウンセリングを受けたからといって、その瞬間に全ての悲しさを忘れて、
明日から何事も無かったかのように、元気に過ごせるというものではありません。

それはそれでちょっと怖いですよね。
 
カウンセリングというのは、失恋や失職や離婚の悲しさが即座に消え去り、人生が希望で輝き始める・・・・。

そんな魔法のような方法ではないのですね。
 
でもね、悲しさや不安を一人で乗り越えるのは、たまらなくつらい時もあると思うのです。
 
そんなとき人は、
「私のつらさをわかってほしい」
「ただそばで話を聞いてほしい」
と強く望むのではないでしょうか。
 
私には小学校教師をストレスで辞めた経験があります。
失職の喪失感、将来の不安はたまらなく苦しいものでした。
 
当時の私も
「誰か一人でもいいから、このつらい気持ちをわかってほしい」
と強く望んでいましたね。
 
大きな悲しみに打ちひしがれた時、
そばで寄り添ってくれる人がいるのといないのでは、とても大きな差があると思うのです。
 
他の誰にもわかってもらえないつらさを、わかってくれようとしてくれる人がいる。
そのことが心の支えになって、少しずつ前を向けることもあると思うのですね。
 
私のカウンセリングではあなたを否定したり批判することはありません。
また、価値観やアドバイスをあなたに強要することもありません。
 
ただただ、あなたのつらい気持ちに寄り添いながら、お気持ちを聴かせていただきたいと思っています。
 
つらい気持ちを話して、聴いてもらうことはとても大切だと思うのです。

心が癒されるとともに、気持ちが整理されたり、考え方が柔軟になって、

よりよく生きるための「気づき」を得られることも多いのですね。

 

おひとりで悩み続けて苦しくなったときは、いつでもご相談してくださいね。