心が敏感な人の自己肯定感を高めるカウンセリング

こんにちは。心理カウンセラーの武田です。
 

最近、「他人に振り回されてしんどい」というご相談が増えてきました。お話を聴かせていただくと、 

 

・他人に振り回されて、自分らしく生きられない。
 

・人間関係の不安が強く、常に緊張して生きづらい。
 

・人と関わるのが怖い。でも、ひとりも寂しい。
 

・そんな自分に自信が持てない。自己肯定感が低い。
 

というお悩みが多いですね。また「私はHSPと思います」とおっしゃる方もとても多いです。HSPとは感受性が強くて、心が敏感な人のことです。実はカウンセラーの私もHSPなんですよ。
 
心が敏感なので、他人の顔色がすごく気になりますよね。特に、怒りっぽい人、否定的な人、威圧的な人、顔が怖い人、攻撃的な人がとても苦手ではありませんか?
 
私もまさにそうです。そういう人が周囲にいると怒られたり罰せられたりしないかな。不機嫌な顔で否定されたりしないかな。ダメな人、変な人と思われないかな。といつも不安で、緊張しますよね。とても生きづらいですよね。その人が不機嫌になりそうなので、自分を出せなくて無理や我慢をしがちなのではないでしょうか?
 
他人に振り回される毎日にクヨクヨしたり、悪い未来を考えてしまいどんどん悲観的になって、自分に自信が無くなることもあるかと思います。そして自分自身や自分の人生を肯定する気持ちがどんどん弱くなって、無力感や孤独感や絶望感などを感じてしまう。そんな人もいるのではないでしょうか?


【あなたの心が弱いわけではないよ】 

 
私がお伝えしたいのは「あなたの心が弱いわけじゃない」ということです。
 

むしろ、あなたの心はプレッシャーの中、よく頑張ってくれていると思います。
 
たしかに他人に振り回されるつらい日々を一人で悩み続けていると、「どうしてこんなに不安やプレッシャーを感じるんだろう」「どうしてもっと堂々とできないんだろう」と自分に自信を失うこともあると思います。自己肯定感が低下しがちと思います。
 
悩んでいる事柄以上に、「こんな自分はダメだ」と自分を責めてしまったり、自己嫌悪になったりして、そのことがさらに大きな苦しみを生んでいるのではないでしょうか?
 
私もHSPで、幼少期からずっと、その過敏さゆえに苦しんできました。だから、そんな苦しい気持ちはとてもよくわかります。でもね。それでも声を大きくしてお伝えしたいのは、
 

・あなたの敏感な心は悪くない!弱くない!
 

・あなたの心は、あなたのために、めっちゃ頑張ってくれているよ!

 

ということなのですね。
  

あなたの心は、感受性の強さゆえに、相手のプレッシャーをより大きく感じることもあるでしょう。

ですが、あなたの心は最悪な状況にならないように、それに備えなければと頑張ってくれているのです。

ですから、あなたが、あなたの心を「もう一人の自分」のように大切にねぎらってあげてくださいね。
 
あなたの心に向かって、「今までつらい時もあったよね。でもそんな中、今までよく頑張ってくれたね。ありがとうね」と優しく声をかけてあげてくださいね。あなたがあなたの心の頑張りに気づいてねぎらってあげると自己肯定感も高まってきますよ。
 
【カウンセリングであなたの疲れた心をストレッチしませんか!】
  

HSPの方の心はとっても頑張っています。ですので、疲れが溜まりがちです。
心は、疲れると柔軟性を失ってしまいます。心が柔軟性を失うと「思い込み」が強くなります。
それも自分を追いつめる「思い込み」が強くなるのです。
 
例えば「私にはいいところが全くない」誰からも愛されていない」取り返しのつかないことになった」万策尽きた。人生詰んだ」この先つらいことばかりだ」というような悲観的な思い込みが強くなるのですね。
 

また「私のことを分かってくれる人はいない」「私には味方が一人もいない」という孤独感にも襲われて苦しくなりがちですね。そうなると、心にゆとりがなくなって、本来持っている「解決力」や「人生を進めていく力」が麻痺したり弱くなったりしてしまうのですね。
 
ですが一人では乗り越えられないことも、カウンセラーと対話することで乗り越えられることもあります。カウンセラーと二人三脚でなら、自分に合った生き方を見つけやすくなるのです。
 
ありのままの自分の気持ちを聴いてもらって、否定されることなく肯定的に受け止めてもらうことで、心が癒されていきます。自己肯定感が回復して、心のエネルギーが回復していくのですね。

 

また、対話することで、自分の気持ちや状況を冷静に客観的に見つめることができます。
 

心がストレッチされて、柔軟性が回復するのです。すると新しい見方・考え方が芽生えたり、本来の自分の解決力が回復していくのです。HSPの自分に合った生き方に気づきやすくなるのですね。
 
一人で悩んでどんどん自己肯定感や心の柔軟性が低下して「生きづらい」ときは、いつでもお話を聴かせてくださいね。