生きづらさの原因となる「考え方のクセ」を改善します!

こんにちは。心理カウンセラーの武田です。

 

他人の顔色に振り回されて、自分以上の自分を演じ続けて、心がものすごーくしんどい人はいませんか?
 

・期待に応えなきゃいけない。
・失敗は許してもらえない。
・誰からも嫌われてはいけない。
・相手を不機嫌にさせてはいけない。
・結果を出さないと居場所がなくなる。
 

こういった考え方のクセ(ビリーフ)があって、頑張ってないと不安、完璧じゃないと不安という状態になっているかもしれないですね。
 

もしかしたら過去に、すごく怒られた、否定された、叩かれたという傷つき経験はなかったですか?
 

そのときの心の傷が尾を引いていて、二度と傷つきたくないがゆえに、「怒られない自分」や「否定されない自分」にならなきゃと無意識のうちに自分に強く言い聞かせているかもしれないですね。
 

でも、なんだか、それは本当の自分ではない・・・・。ありのままの自分じゃない・・・・。
 

そんな気持ちもあるのではないでしょうか? 
 
本当はここまで他人の顔色のプレッシャーに振り回されて頑張りたくない。

 

もっと自分で自由に選択できる部分を増やしていきたい。
 
あなたの心の中にはそう思う自分もいるのではないでしょうか?

 
他人から悪く思われないように無理してでも頑張らなければと思う自分と、もう頑張らずに自分らしいペースで生きていきたいと思う自分。
 
心の中で二人の自分が綱引きをしているような苦しさが続いているのではないでしょうか?
葛藤で苦しいですよね。
 

私も小学校教頭時代、そのような葛藤で生きるのがたまらなくつらかったので、その苦しさはとてもよくわかります。
 

そして私もそうだったのですが、「心がしんどい」状態でも、できればカウンセラーに頼らずに自分自身の力で、その苦しさを乗り越えたい気持ちがあると思います。
 

自分で乗り越えてこそ自信になるのだ、と考える人もいるでしょう。
 

また、話を聴いてもらったところで、過酷な現状は変わらないし、カウンセリングを受けても意味がないのではと考える人もいると思います。
 

だからこそ、私は、効果のあるカウンセリングを提供しなければと考えています。
 

私はカウンセリングをしていて、相談者さまには以下のような効果があると実感しています。


1.心が癒され、自己肯定感があがる。(心のエネルギー回復)
 
2.生きづらさの原因となる「考え方のクセ」が改善される。(ネガティブ思考が柔軟思考へ)
 
3.これからどうしていったらいいか、前向きで柔軟な気づきが得られる。(解消の糸口の発見)
 

つまり、これらの効果が出るような、話の聴き方や、質問技法を使ってカウンセリングをしています。
 

1のためには、ありのままのあなたを尊重し、否定しない聴き方を心がけています。
 

カウンセラーの中には、相談者さまを否定するようなことをいう人もいるそうです。ですが私はそんなカウンセラーには絶対になりたくないと思っています。
 

なぜなら、相談者さまは今、悩みに立ち向かうための心のエネルギーが弱っていると思うのです。そんな時に、カウンセラーに否定されたり説教されたら、ますます心が弱ってしまいますし、自己肯定感が下がってしまいますよね。
 

だから、私はあなたの味方になって、あなたの個性を尊重しながら、共感的・肯定的に聴かせていただきます。あなたの心のエネルギーや、自己肯定感があがるような聴き方を心がけています。


2のためには、あなたの生きづらさを作っている「考え方のクセ」を一緒に見つけて、バランスのいい思考に気づくような話の進め方をしています。
 

例えば「私は何をやってもうまくいかない」という考え方のクセがある人は、その考えを通して現実を見ますから、前向きになれなかったり絶望を感じてしまったりして、生きづらいですよね。
 

また「私は誰からも変に思われてしまう」という考え方のクセがある人は、人と関わるのが怖くなったり、無理して「いい人」を演じ続けたりして、これも生きづらくなりがちですよね。
 

そういった考え方のクセは、幼少期からの傷つき体験で形成されることが多いのですが、そのクセは成人してからでも改善が可能です。より適切で柔軟な考え方を持つように、丁寧に対話していきたいと思います。
 

1,2のプロセスを踏むと、相談者さまの心にはずいぶんゆとりが生まれてきます。悲観的に偏った思考から、柔軟性のあるバランス思考の割合が大きくなっています。
 

すると、3の前向きな気づきが得られやすいのですね。
 

そうすると「もうダメだと思っていた自分」から「なんとかなりそうと思える自分」に感覚が変化するのですね。そういうカウンセリングを優しく丁寧にしていくことが私の本気です(#^.^#)
 
少しでもカウンセリングに興味を持たれた方はお待ちしてます。